日本人如何看待消费税上调至10%一事?

2019年的日本将是历史的的某年级的学生:

在职的天子让位了,平城三十年历史,凌河老化不久开端。
日本钞票的重复强调,福泽裕基的下岗。
消费税从10月1日起放针到10%。。

平城30年内,日本的消费税发作了很大程度上转换:1989年(平成元年),消费税想法略述,税是3%;1997年,消费税放针到5%;2012年,(民主党)、紫明党、新国民党)提议在2014年和2015年分别把消费税放针到8%和10%;2014年4月,消费税准时增长到8%。,后者收到了很大程度上反异议。,暂搁;两遍延误后来的,日本定于2019年10月1日开端,征收10%的消费税。


「消費税10% いま上げるべきではない」

现时责怪把消费税放针到10%的好机遇。

消费税10% 止められる」

(朕可以)阻挠消费税的下跌

消费税10% ストップ」

消费税10% STOP

新消费的落实而且半载的时期,本月初,10%的日本名人 中止方法协会新入会的人举国署名实行,抵抗消费税放针到10%。

「10月消費税10%ストップ!ネットワーク」的10位“创始人”

街道考察显示,反宣布很高:

日本网络公民评论:

以防放针消费税,北欧地区的义务教育(学前)收费学钱,
以防病情严重的,缠住麦克匪特斯氏疗法费都是收费的。,好吧,据我看来可以放针它。。
但日本做不到。,呓语请在梦中说。

官价不息下跌,可是工钱不涨,在这种制约下放针赋税收入有什么意思?
不外,据我的观点消费税的增长是打电话给的。,这剩余部分你怎地做。。

国际地名索引北野由纪夫对该事情作了仔细的剖析。,同时按生活指数调整,日本放针消费税的行动是相像的。:

4月5日の米无力経済紙上で、当年10月に予定されている日本の消費増税は日本経済の家畜になるどころか、「自傷行為に近い」との厳しい批评がなされました。これに同調する国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、本人の社交够用指数メルマガ『ロシア政経済ジャーナル』で、日本が過去3回かけて段階的実施した消費増税の歴史と、増税実施前と後の経済動向を剖析した上で、10月の増税は米紙の批评どおり彻底地に「自傷行為」たりうるとしています。

4月初旬,美国有学问的人国家的经济状况的报纸按生活指数调整:论当年10月日本消费税的上调,更要紧的是,约束日本国家的经济状况的的桎梏险乎是自残的。和引出各种从句相似的,国际地名索引北野由纪夫在他的自在电子杂志russi,本文剖析了日本消费税的三个历史阶段,即,在此基础上,他按生活指数调整,10每一月的时间的增税的确是美国消息所说的。,这真的是自残。。

消費増税は「自傷行為」(WSJ)

消费税的扩大某人的权力是自残(华尔街日报)

消費税引き上げについては大昔から反対しています。

放针消费税,我从一开端就反它。。

いままで日本の消費税は、3回変わってきました。1989年、消费税出口。税3%に。转年、バブルが使瓦解した。これは、不動産取引の総量規制とか、いろいろ说辞があるので、消费税出口の影響は測りづらい。

到眼前为止,日本的消费税,三倍的数变化后。1989年开端征收消费税,税是3%。其次年,泡沫国家的经济状况的爆发。几一千万的说辞,诸如,把持房地产交易总计等。,合乎逻辑的推论是,不容易注视出口消费税的情感。。

1997年4月、消費税を3%から5%に引き上げ。これが、日本経済に「とどめ」を刺した感じです。96年のGDP成長率は%だった。今の感覚でいえば、「超いい感じ」です。しかし、消費税が導入された1997年は、%。98年:%、99年:%。

1997年4月,消费税由3%放针到5%,这就像是日本国家的经济状况的的走慢。。1996年,海内小题大做毛额以0%的作为毕生职业的增长。,以当代的基准看待,是“相当好”。除了引入消费税后来的的1997年为%,1998年是0。,99年为%。

これ、「アジア通貨危機のせいだ」とか「ロシアのデフォルトのせいだ」という人もいます。確かにそういう要素もあるでしょう。しかし、他の国々は、97年98年の危機から速やかに脱却しました。日本だけ「暗黒時代」が長引いた。明らかに消費税引き上げが发生因果关系でしょう。

能够也大人物说这是“亚洲筑堤风暴的错”或“受(1998年)现俄罗斯筑堤危机情感”。不成废弃,这些也要紧的发生因果关系。。但其他地区很快就在1997年开端了。、1998年国家的经济状况的危机射中靶子逐渐使复苏,但是日本持续是保守分子老化。这显然是消费税下跌的发生。。

安倍さんが総理になられた2013年。日本経済は、久々に「イケイケ」でした。といっても、この年のGDP成長率は2%。私たちは、どんだけ「低成長」「無成長」に慣れてしまったのかということですね。

安倍2013年就职首相,日本国家的经济状况的迎来了拳击比赛牧师迷的繁华。虽说这么大的,当年的海内小题大做毛额增长速率但是2%。,日本人的祖先习惯于低增长、“无增长”了。

2014年4月、消費税が8%まで引き上げられました。この年のGDP成長率は、%。アベノミクス、いきなり「大鈍化」です。2015年は%、2016年%、2017年%、2018年%。1%台の成長でも「好景気」というのですね~。

2014年4月,消费税放针到8%,当年海内小题大做毛额以0%的作为毕生职业的增长。。安倍国家的经济状况的学急躁的走慢。2015年为%,2016年为%,2017年为%,2018年为%。大概1%的增长速率也可以称为良好国家的经济状况的。……

陆地経済、去岁から米中貿易戦争の影響で暗雲が漂いはじめています。そして、日本企業にも影響がでてきています。

受去岁以后中美商战的情感,陆地国家的经济状况的一团,确实,它也对日本职业发生了情感。。

すでにIMFも、米中貿易戦争が发生因果关系で陆地経済は悪化すると予測しています。明らかに景気が悪化していく使移近が見えているのに、日本は消費税をあげようという。愚かです。病人にドロップキックをくらわすようなものですね。ウォール・ストリート・ジャーナルも、その愚かさを批评しています。

甚至国际货币基金组织也预测中美商战将。清澈的可预测的发生,日本还想再上调消费税,可笑的非常。几乎是落井投石。《华尔街日报》还按生活指数调整,这是每一可笑的的行动。。

日本の消費増税「自傷行為」=米紙社説

日本上调消费税的“自残行动”=美国报社评论

【ニューヨーク時事】5日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは社説で、日本で10月に実施される消費税増税が経済をさらに悪化させる「自傷行為」になるとの見方を示した。

第五家美国报纸《华尔街日报》在其电子录音调换中按生活指数调整,日本10每一月的时间的消费税上调将使国家的经济状况的使加重。,可以称为自残行动。

同紙は、日本の直近の経済指標が低調な上、米中貿易摩擦などで陆地的に成長が鈍化し、逆風になっているとするとともに、8年目に突入するアベノミクスは「完整には実現しておらず、值得买的东西や生産性への重しになっている」と批评した。

报纸还按生活指数调整,在日本乍国家的经济状况的指标低迷的制约下,跟美中交通摩擦等创造的陆地国家的经济状况的不活泼,安倍国家的经济状况的学进入第八年,不进则退,这是完整有病的的。,相反,它曾经译成一种授予。、有质性的小题大做约束。

矜です。陆地的には、米中貿易戦争とブレグジット。日本海内では、消費税引き上げとオリンピックバブル終焉。悪填充物がたくさんある。

矜。从陆地角度看待,有中美商战和英国脱欧盟。再看日本,消费税的衰亡与奥林匹亚的泡沫国家的经济状况的的主宰事物的力量。一只坏手!

安倍総理には、せめて消費税を据え置きにし、日本経済を救っていただきたいと思います。

我抱有希望的理由安倍首相把消费税放在主要状态。,先交付日本国家的经济状况的。

这是上海和建安的日语原文缀编,不担保制止重印。

互插理解提议:

日本从1月7日开端征收输出税:赋税收入将用于扩大某人的权力日本致命伴旅的美国昆腾公司
在日本提升孩子,需求多少年?

Add a Comment

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注